今を生きるとは、どういう事なの?

メンタル坐禅・禅・瞑想

禅の世界の「今を生きる」

この言葉、最近よく聞くようになって

言葉を使うのは簡単な事だけど

それを、わかる事が難しい

わかるって事は

どう言う事!?

わかるって、何!?

わかるって、形の無い物なんだよね

この、形の無い物に囚われてしまうと

そこから抜け出せない

思うって何?

知るって何?

感じるって何?

理解するって何?

全ては自分の身体の中で起きている事

心の中で起きている事

これが、今

あなたの身体の中で起きている事

この起きている事も

起きていた・・・という事

1秒後には過去になる・・・という事

これを読んでいる間にも

どんどん、時間が進んでいるけど

あなたが、今どこを読んでいるのか?

あなたは何をしているのか?

目を使って

耳を使って

鼻を使って

口を使って

肌を使って

自分の五感を使って

何をしているのか?

このブログを読むのであれば

目を使っている・・・だけ

のはずだよね

でも、五感以外の

思考を使うから

目から入る情報を基に

いろいろ考えて

過去や未来に

心が持っていかれたりする

心が囚われて行く

これが、今を生きていないという事

今を生きるのは

目から入った情報で留めておくこと

思考まで使わない

只々、見るだけ

只々、聞くだけ

只々、匂うだけ

只々、味わうだけ

只々、肌に触るだけ

この、只々やってみた時に

あなたが、何を感じるのか?

この瞬間

たった0.1秒かもしれない

何かを感じたはず

良い、悪いとか

何か感じたはず

1歳の子供が

何かを見た時に感じている感覚を

取り戻してみる

瞬時に笑顔になったり

急にギャーと泣いたり

心地よければ

顔が緩んだり

心地悪ければ

顔が泣きそうになったり

知識や思考に囚われない

見たまま、聞いたまま・・・

その時の感じ方を

素直に感じてみる事が

「今を生きる」という事

素直に

只々する、これをやる事が難しい!

超~難しい~~~!

只々素直にやる・・・

うんうん、わかる!

わかる・・・何が?!わかっているの???って事

只々、見る事が出来れば、

心が腑に落ちるので

心が腑に落ちていれば、納得する

そこに「わかった」と言う言葉は必要無い

自分がわかれば

言葉など必要が無い

心がわかってないから

腑に落ちてないから

頭でわかっただけで

実は出来ないから

本当はわからないから

言葉で説明して

わかったように見せる

見せているだけなのだよね

プレゼンと同じような事を

やっているだけ

この世の中は

言葉を使って説明して

映像で見せて頭で納得させて

相手がわかったような感じにさせる

バーチャルの世界

言葉と映像を使った騙し合いなのかもね!?爆  笑

 

こんな感じ、写真を見れば綺麗・・・とわかる

この写真を見て”わかる”けど

桜は綺麗だよね

でも、実際に4月に咲いている桜を見ると

この写真の何百倍もの感覚を味わえるよね

うんうん、って共感できるよね

それは、桜を見た事があるから

「わかるから」うんうん、と共感できる

でも、海外の人が実際に桜の写真を見て綺麗で

日本に行きたい!ってなり

実際の桜を見ると

言葉を失うくらい感動する

心を動かされる

目で見て

鼻で匂って

耳で聞いて

肌で感じる

この五感を使って得た情報を感じて

感動が生まれる

この瞬間の感覚が

「わかった」に繋がるという事なんですよ

今を生きるに繋がって行く

桜を見た時の感動の瞬間は

とても心地いい自分が居ると思う

「今を生きる」とは

只々、やるだけ、感じるだけ

今のその瞬間だけを感じて行く

これが出来たら

心の中はとってもスッキリとする

後先が無い、過去が無い、未来も無い世界

今桜が綺麗だな〜って感じるだけの世界

余計なものが心に残らずに

今だけを感じる世界が

スッキリできる世界

 

これが禅・瞑想の世界

この今を感じる事を

坐禅でも同じ様に感じてみる事が

今に繋がって行き

今を生きるということに繋がって行きます

これが

瞑想であり

坐禅であり

今を生きる

という事なんです

わかりますか?

わかったら、言葉で説明するのではなくて

行動してやってみることなのです🎶

名古屋・金山駅徒歩2分・メンタルトレーナー&心理カウンセラー 西風裕

コメント