体(身体)の不調があるときは鉄分の摂取を心がけてみる

メンタル職場の悩み相談

体(身体)の不調がある時によく有る事が、鉄分の不足していることが多いので

体(身体)の不調がある際に鉄分摂取が重要である理由を詳しく説明ていきます。

鉄分は私たちの体にとって極めて重要な栄養素であり、不足すると健康への悪影響が生じる可能性があります。

なぜなら、鉄分は酸素輸送とエネルギー生成に不可欠だからです。
体内のヘモグロビンと呼ばれる物質は、鉄分を含んでおり、赤血球が酸素を肺から体の各部に運搬する際に役立ちます。
つまり、鉄分が不足すると、酸素供給が減少し、体全体に酸素が適切に供給されなくなります。
この結果、さまざまな不調が生じる可能性があります。

まず第一に、鉄分不足は貧血の主要な原因です。
貧血は、体内の赤血球数が減少し、疲労感、倦怠感、頭痛、めまいなどの症状を引き起こすことがあります。
このような症状がある場合、医師の指導のもとで鉄分補給が必要です。

また、免疫系の弱体化も鉄分不足と関連しています。
鉄分は免疫細胞の正常な機能に必要であり、不足すると感染症に対する抵抗力が低下する可能性があります。
免疫力が下がって風邪や他の病気にかかりやすくなることがあります。

さらに、鉄分不足はエネルギーレベルにも影響を及ぼします。
鉄分は体内の細胞で酸素を活用するために必要であり、不足すると疲れやすさや体力の低下を招くことがあります。
日常の活動においても、鉄分不足はパフォーマンスの低下を引き起こす可能性があります。

また、鉄分は特に女性にとってとても重要です。
月経による鉄分の損失があるため、女性は男性よりも鉄分の摂取に注意を払う必要があります。
特に妊娠中や授乳中の女性は、鉄分の需要が増加するため、鉄分の摂取に注意しながら配慮する必要があります。
かかりつけの医者に行って血液検査など行って、日頃から自分の体調管理に活かしてみると良いですね。

上記の身体のバランスが整っていくと
メンタルの状態も安定して落ち込んだり、不安になりにくくなり、気持ちも前向きになっていくので、仕事もやる気が起きてきて元気も出やすく、プライベートも充実しやすくなります。

鉄分不足を解消する方法としては、食事からの摂取が一番お勧めです。

なぜなら、食事からの摂取は鉄分だけでは無く、体にとって大切な鉄分以外の栄養源や酵素などを接種出来るからです。

鉄分の摂取に向いている食材

レッドミート(赤身の肉)、鶏肉、魚、豆類、ほうれん草、レンズ豆、全粒穀物など、鉄分を豊富に含む食品が多く含まれています。
また、鉄分サプリメントも医師の指導のもとで利用する事で鉄分摂取の不足分を補えるようになります。

最後に、鉄分摂取について過剰に摂ることも問題です。


過剰な鉄分摂取は鉄過剰症を引き起こし、腎臓など自身の健康に害を及ぼす可能性があります。


したがって、鉄分の摂取量は個々のニーズに合わせて調整した方が良いので、人間ドックなど日頃の体調管理を行って、自分の体の状態を知っておくと、不足した時の対応も直ぐに対処できると思います。

体の不調を感じた場合鉄分不足が原因である可能性を考え、医師に相談して、医師は必要に応じて適切な検査を行い、適切な鉄分摂取方法を提案します。
健康的な生活習慣とバランスの取れた食事が、体調不良を克服するための第一歩です。

体(身体)の不調を感じたら、まずは食事面を気をつけて鉄分摂取も気にしながら2〜3週間食べるものを気にしてみることです。

食べるものを気にしながら生活していくことで、メンタルを整える事にも繋がって行きます。

心と体(身体)は繋がっていますので、どちらが先とかではないですが、出来るところから自分の事を大切に扱って上げることですね!

名古屋・金山駅徒歩2分・メンタルトレーナー&心理カウンセラー 西風裕

コメント