声を診るVoiceScanって何?

メンタル講座・セミナー・イベント

VoiceScanって何?

自分の声を録ってその声を周波数として波形に表して自分を知る事が出来る事をVoiceScanと言います。

•VoiceScanでその時の気分やコンディションを円グラフ形状の波形に表し円グラフを色分けして表す事で、その人の気質や性格や感情を表せる事ができ、それを読み取る事でその人の今の状態を読み取る事ができる様になります。

•言葉だけの説明だけでは無く、円グラフに表す事で可視化が出来て、声を客観的に捉える事で相談者の本人も納得しやすく分析結果も記録が残せるので、時系列の分析も出来る様になります。

•アスリートや学生、社会人など緊張が出てくる場面やリラックスできる場面などで、どんな言葉を言うとリラックスできるのか?、どんな色が自分に合うのか?など、自分自身の事を知る事で自分をリラックスさせて、悩みの度合いを軽減させる事にも繋がって行きます。

VoiceScanで自分の声を波形で診ることが出来るのですが、そもそも波形、周波数って何?ってことを説明します。

光にも波形があります。

太陽は3000k〜5000kの光の色の波があります。LEDなどの光の色の波は7000k前後の波です。この様に光の色が目に入ってきて赤色や青色など虹の7色に見えてくるのです。

物の色は本来黒なのですが、光が反射する事で色が目に入り色として脳の後頭葉が色を判別して認識するのです。

人間の目に見えている波形の波の色はごくわずかで、人間の目で視えない波形の方が圧倒的に多い世界なのです。

ノイズキャンセリングの技術も波形、周波数が作り上げている世界です。

今、世の中に有るヘッドホンのノイズキャンセリングの技術も波形が作っています。打ち消し合う波形を出す事で波消えるので、音が消えたように感じているので、ノイズキャンセリングの技術が成り立っているのです。これも周波数を使った技術なのです。

この様に行きている世界の全ては波形、周波数で成り立っているのです。

Voice Scanを使って自分を知ろう

この世界はすべて波で出来ています、波とは波形として表せるのですが、声も波があり周波数として表すことが出来るのです。

VoiceScanの波形は周波数を読み取っています。

人の声を波形にするとこんな感じになります。

50Hz前後から波形が大きくなって4000Hz前後で小さくなっていきます。

人間以外の生き物の鳴き声はこんな感じの周波数になって聞こえているのです。

そして、西風の声をとった波形が下にある波形で、わかりやすくしたものがVoiceScanで出てきた波形になります。

この波形を人間の五官、視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚が受け取って、人間の脳が感じ取ったことで身体に反応が起きて声にも変化が出てくるのです。これがVoiceScanで起きていることなのです。

だから、VoiceScanを1回録っただけだと変化がみえないので、自分の進みたい方向性や、改善したいこと、改善した結果毎にVoiceScanを録ってみると、新しい自分に気が付ける様になって行きます。

この様にVoiceScanを使ってもらう事で新しい自分に出逢ったり、知らない自分を引き出したり出来たりします。

名古屋・金山駅徒歩2分のメンタルトレーナー&心理カウンセラー 西風裕

コメント