カウンセリング「7つのルール 7」

カウンセリング

【軸をブレない様にする】

西風がクライアントの話を聴く時に注意している事で

まずは西風自身の自分の軸がブレない様にする事

これを心掛けて話を聴く様にしています。

その為にも

今の自分の位置

自分の居場所は

きちんと自分で把握しておくことが大切であって

相手の話を聴いて

相手の思いに同情してしまうと

自分の居場所がブレてしまい

話の内容が

クライアント主体の話になってしまい

本来聴きたい事

確認したい内容が

確認出来なくなってしまう

クライアントの話の内容が哀しくて

その哀しみに同情してしまうと

自分の心の中も哀しみで一杯になり

相手の話の中に潜り込んでしまう

過去に1度だけ

相手の話に自分の心が潜り込んでしまい

話が聴けない思いをした事がある

自分の軸がブレた状態で

話を聴くと

ただ、ただ、哀しい思いにあふれてしまう

そうやって

クライアントの話の中に入らない事

共感と同情は違うと言う事

そうやって

自分の軸がブレない様にする事で

クライアントの話を客観的に聴けるようになり

何が問題なのか?

何がブロックして問題を起こしているのか?

軸がブレないと

その問題の本質が見えてくるようになる

問題の本質が見えてくると

後は、クライアントの心が納得する様に

どう進めていくのか?

という事になる

ここまで話が、問題が見えてくれば

後は、時間との勝負だよね

名古屋・金山駅徒歩2分・メンタルトレーナー&心理カウンセラー 西風裕

コメント