カウンセリング「7つのルール 2」

カウンセリング

西風のカウンセリングを行う上での7つのルール

【初めはシンプルに無理をしない】

クライアントが相談に来て

西風と言う存在もよくわかっていない中

クライアントは全てを信じようと頑張って

自分の悩みを打ち明けてくれる

そんなクライアントが歩んできた人生を

西風も全てわかっている訳では無く

クライアントもいろんな人生を歩んでいているので

いろいろな人生を歩んできたクライアントの

何を話したいのか?

何を聞いて欲しいのか?

何をわかって欲しいのか?

どんな悩みなのか?

悩みの本質は何なのか?

その人の本当に伝えたい事を

いきなり全てを聞こうとすると

クライアントも心を閉ざしてしまうので

初めはシンプルに

ゆっくりと

無理をせずに

話を聴く事が

クライアントと

カウンセラーの

2人の信頼を

お互い得る為には必要なのだと思う

だからこそ

初めはシンプルにスタートする

それがお互いの

安心・安全に繋がって行くと信じて

今のカウンセリングに繋がっている

クライアントは焦らずにゆっくりと

自分の話をしてくれるだけで大丈夫

内容は纏まっていなくても大丈夫

今話たい気持ちをそのまま出せば大丈夫

辛いなら辛いと言うだけで良い

苦しいなら苦しいと言うだけで良い

モヤモヤするならモヤモヤすると言うだけで良い

そんな気持ちを言うと

次にまた何か言いたい事が出てくる

○○が出来なくて辛い

○○になって苦しい

○○になったからモヤモヤする

この○○の中に入る言葉が浮かんでくる

この○○が浮かんでくると

次にまた言葉が出てくる

そうやって、言葉を吐き出していく事で

どんどん心の中に溜め込んでいた思いが飛び出してくる

そうする事で

自分の心の中に蓋してた

本当の心の中身が露になる

クライアントが話をしやすい様に

話しても良いと思えるような

場を作れるように

シンプルに聴く

シンプルに反応する

無理なく聴く

無理だと思う事は聴かない

そんな無理せず話せる場を作れるように

初めはシンプルに、無理なく聴く様にしている

そんなカウンセリングを心掛けています。

名古屋・金山駅徒歩2分・メンタルトレーナー&心理カウンセラー 西風裕

コメント