ADHDとは

発達障害・心と身体のつながり

ADHDとは

注意力や集中力に問題がある神経発達障害のことです。

ADHDのある人は、授業や宿題などで集中力を続けることが難しく、すぐに他のことに気を取られてしまうことがあります。

また、過剰な活動性も見られることがあります。これにより、じっと座っていることが難しかったり、静かに過ごすことができなかったりします。

ADHDの特徴として、次のようなことが挙げられます。

まず、注意力の欠如です。
授業中や宿題のときに集中力を維持することが難しく、すぐに他のことに気を取られてしまいます。
次に、多動性です。静かに座ることや落ち着いていることが難しく、いつも体が動きたがっているような感じです。また、衝動性も見られます。
思ったことを我慢せずにすぐに行動に移してしまったり、言葉が出てしまったりすることもあります。

ADHDの影響で学校や日常生活で困ることもありますが、適切な支援や対策を受けることで、問題を軽減することができますから、学校では、特別なサポートや工夫が行われることがあります。

また、医師の指導のもとで、薬や行動療法などが行われることもあります。
周囲の理解とサポートも大切で、家族や友人、教師などが協力し合って取り組むことが重要です。

根本的には、ADHDはモロー反射の気質の強く出ている症状だと思いますので、不安や恐怖が身体の反応として出てきているのだと思います。
ですから、モロー反射の統合ワークによって改善に繋がることも在ると思います。

重要なことは、ADHDの人も普通の人と同じく素晴らしい能力を持っていることです。


注意力や集中力の問題がある一方で、創造力や柔軟な思考などの長所もありますから、個々の特性を受け入れ、適切なサポートを行うことで、ADHDの人も自分らしく成長し、彩り豊かで素敵な人生を作り上げることができます。

名古屋・金山駅徒歩2分・メンタルトレーナー&心理カウンセラー 西風裕

コメント